ハニーココとビーアップの違い

ハニーココとビーアップの違いとは!?

ハニーココとビーアップは、初期購入額が0円という点は同じであり、ハニーココが15日分、ビーアップは30日分です。2回目以降はそれぞれ5980円と5940円となっています(2016年現在)。粒数はハニーココが150粒でビーアップは60粒という内容量です。返金保証対象となる日数は、どちらも90日間です。成分については、コレウスフォルスコリはどちらにも配合されていますが、それ以外にはビーアップにはワイルドヤムやブラックコホシュ、サポニン、トコフェロール、アスコルピン酸、ギムネマ、サラシア、カプサイシンといった成分が含まれている点が特徴です。

 

ハニーココの成分は、Dでは大豆イソフラボンやL-カルニチン、メリロートエキスなどが含まれていて、Wでは大豆イソフラボン、ビオチン、プラセンタ、レッドプロポリスなどが含まれている点がポイントです。同じバストアップサプリメントなので、似ているようにも思えますが、内容にも違いがあることがおわかりいただけるかと思います。

 

ビーアップの方がお試し期間が1か月もあるので、お得なのではないかと思われがちですが、一方のハニーココでは即効性のあるプエラリアを使っていることもあり、長く使わなくても2週間ほどで効果を実感できるという利点があるのです。万が一合わなかったり、効果が見えない場合には、半分ほどの期間で自身で判断ができるのも便利と言えます。私の周囲でも、こうした点が良いという声も挙がっています。金額に関してビーアップの方がリーズナブルに感じられますが、仮に3か月ほど続けたとしても差額は僅かなものです。粒数もビーアップの方が少なく感じられますが、プエラリアの量を調整しにくい点が難点かもしれません。